ドルトムントでゴールを量産していたノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。

3月20日のケルン戦以降、代表戦を含めて7試合も得点から遠ざかっていた。だが、ブンデスリーガ第29節ブレーメン戦で2ゴールを叩き出し、4-1の逆転勝利に貢献。

そのホーランは試合後のインタビューで「短期間だけどゴールはなかったのはどうだった?」と聞かれると、「あぁ…もちろんクソだったよ」と本音を吐露していた。

【動画】ケチャドバ!怪物ホーラン、ブレーメン粉砕の2ゴールシーン

一方、大迫勇也を先発起用したブレーメンは先制したものの、痛恨の逆転負けで15位に。

フロリアン・コーフェルト監督は「ドルトムント戦でチャンスを得るには90分間いいプレーをする必要がある。非常に腹立たしい」となげいていた。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】