2019年末からチームを指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督を解任したトッテナム。

26日にマンチェスター・シティとのリーグカップ決勝を控えるなかでの電撃解任だった。

そうしたなか、マンチェスター・ユナイテッドで指導を受けたウェイン・ルーニーがこの件に言及。『BBC』によれば、こう述べたという。

ウェイン・ルーニー(現ダービー・カウンティ監督)

「カップ戦決勝前にやるのはクレイジーだ。

タイミングがおかしい。待つことができたはずだ。

すばらしい監督さ。見てきたなかで最高のゲームのひとつだ。

彼は復活すると確信しているよ」

決勝まで1週間というタイミングでの解任は狂っていると感じているようだ。

【動画】再現不可能!?ルーニー、ユナイテッドで伝説になった神憑りシュート

ただ、モウリーニョはスパーズでのリーグ戦平均勝点は1.64(58試合)に留まった。Optaによれば、これはアンドレ・ヴィラス=ボアス監督(54試合で1試合平均勝点1.83)らよりも低い数値だそう。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】