北海道コンサドーレ札幌から今季オーストラリア・Aリーグのブリスベン・ロアへと貸し出されている20歳のMF檀崎竜孔。

昨年11月からの加入で21試合に出場し、8ゴールを奪取。得点ランキングでもリーグ7位につけており、大きな話題を集める存在となっている。

Aリーグのシーズンは秋春制であるため、そろそろ期限付き移籍の契約は終了を迎える予定。ブリスベン・ロアのファンは彼が来季もチームに残ってくれることを期待しているという。

今回『SBS』のインタビューに応えた檀崎竜孔は以下のように話したという。

檀崎竜孔

「いまのところ、来季ここに残るのかどうかはわからない。

僕はここでサッカーを楽しんでいるし、オーストラリアでプレーするのも好きだ。

しかしもし欧州のいいリーグでプレーするチャンスがあれば、夢のために行かなければならなくなるだろうね。

僕はまだ英語を学んでいる最中なので、コミュニケーションは最大の課題なんだ。だけどチームメイトの助けによって、ここのプレースタイルに簡単に適応することができたよ。

日本でのサッカーはよりテクニカルで、パスに焦点が当てられている。

しかしオーストラリアでの試合はより激しく、よりフィジカル的だ。ぼくはそれを楽しんでいるよ。選手として可能な限り成長していくことに集中しているんだ。

(5月5日のウェスタン・ユナイテッド戦終了間際の勝ち越しゴールは)ブリスベンでの最高のゴールだったし、今シーズンのハイライトだったよ」

【動画】檀崎竜孔がなんとアディショナルタイム4分に豪快なシュートを打ち込む!

北海道コンサドーレ札幌ではまだほとんど出場機会が得られていなかった檀崎。Jリーグに戻るのか、あるいはオーストラリアでプレーを続けるのか…。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら