U-24日本代表は12日、ジャマイカ代表との親善試合で4-0の快勝を収めた。

6月下旬に予定されている東京五輪の出場メンバー発表を前に、最後の試合となったジャマイカのA代表との一戦。

日本は1トップに前田大然を起用し、2列目には三笘薫、久保建英、堂安律を並べた。

試合は32分、久保の見事な「4人股抜きシュート」で先制。42分には遠藤航のミドルで追加点を奪う。

後半から前田に代わり上田絢世が投入されると、57分、三笘の絶妙スルーパスから上田が鮮やかなループシュートで3点目。

【関連記事】サバイバルな27名!U-24日本代表選手の着用スパイクまとめ(2021年6月)

さらに64分、三笘と交代で入った相馬勇紀の抜け出しから堂安がダメ押しを奪い、そのまま相手を無失点で抑えた日本が4-0の完勝を収めている。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら