イタリア代表の優勝で幕を閉じたEURO2020。大会MVPに選ばれたのは、22歳の若き守護神ジャンルイージ・ドンナルンマだ。

彼は決勝戦で優勝を決めるPKセーブをしたのだが、その際に全く喜ばなかった。

現地メディアは、その不可解な反応のせいで混乱したイタリア国民たちは数秒間優勝したことに気付かなかったとも伝えている。一体なぜドンナルンマは喜ばなかったのか。

『Sky』によれば、本人が「喜ばなかったのは、自分たちが勝ったことを理解していなかったから」とその理由を明かしたという。

何か意味があったわけではなく、ただ単にまだPK戦が続くと勘違いしていたようだ。それだけ集中していたということだろうか…。

【動画】アズーリ大復活!守護神ドンナルンマ、英雄になったPKセーブシーン

ミランとの契約が満了になったドンナルンマは現在無所属。まだ22歳と若い彼はどこを新天地に選ぶのだろうか。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら