ユヴェントスからマンチェスター・ユナイテッドへの電撃移籍が決まったクリスティアーノ・ロナウド。

292試合で118ゴールを叩き出した古巣に12年ぶりに戻ってくることになった。

注目されるのは背番号がどうなるかだ。彼が背負っていた伝統の7番は現在エディンソン・カバーニがつけている。

カバーニは今季まだ試合に出場していないため、背番号の変更ができるという噂が浮上。

ただ、『ESPN』などによれば、それは不可能だという。

すでにカバーニが7番で登録されているため、プレミアリーグのルール5条により、今季は彼がこの番号をつけることになるとのこと。

ロナウドを7番にするためにはカバーニが退団する必要がある。もしくは、ユナイテッドがプレミアリーグから特別な赦しを得る必要があるものの、それが許可されたことはこれまで一度もないという。

【動画】伝統の7番!ロナウド、ユナイテッド時代の鬼曲がりフリーキック

現時点でのユナイテッドの空き番号は15、24、28、30あたり。ロナウドはスポルティングで28番をつけており、この番号はあるかもしれない。

ちなみに、ロナウドはユナイテッドを離れていたこの12年間で392ゴールを記録(リーグ戦のみ)。一方、その12年間にユナイテッドの7番が決めたゴールはわずか24得点だそう。