マンチェスター・シティはウィコムとのリーグカップに6-1で勝利した。

3部ウィコムが先制ゴールを奪うまさかの展開となった一戦には、“野獣”アデバヨ・アキンフェンワも出場。この日がトップデビューだった18歳のシティDFフィンリー・バーンズは39歳になった超巨漢FWといきなり対峙することに。

『Manchester Evening News』によれば、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は試合後にこう述べていたそう。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「毎週、ウィコムと対戦できれば彼らにとってはもっといいだろうね。

この伝説的ストライカーと毎週対戦できれば、彼らのような選手にとっては最高の成長になるはずさ」

この日のシティは最終ラインが全員18歳と非常に若い面子だった。彼らのような若手選手たちがアキンフェンワと毎週対戦すれば、素晴らしい成長につながると感じていたようだ。

【動画】体重100キロ超!野獣アキンフェンワのマジカルシュートまとめ

62分に交代したアキンフェンワにはエティハド・スタジアムからも温かい拍手が送られたとか。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら