14日、オマーン戦を目前に控え、日本代表のFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)がオンラインでの会見に臨んだ。

日本代表は先月のオーストラリア戦、先日のベトナム戦と連勝を飾ったが、ゴールはいずれも最少得点の1にとどまっている。

記者からは連日得点力不足についての質問も飛び交っているが、エースである大迫はチーム全体としての傾向について“感じる部分”を明かした。

大迫勇也

もちろん点が取れるのに越したことはないです。

(入る時は入るし、入らない時は入らないみたいな感覚もあるのか?)

最終予選なのでそんな軽いことは言ってられないんですよ。こっちも色んなものを背負って戦っているので。同時にプレッシャーもありますし。

(そういう中で)「勝ち点3をとる」って気持ちが強すぎる…気もしますねチームとして。

もっと振り切って、チーム全体として点を取りに行くシーンもあっていい。そこは感じる部分でもあります。

結果を求め、チーム全体がバランスを意識し過ぎていることによってゴールが遠くなっているのではないかということのようだ。

【写真】ブラジル代表経験が一度もない8人の現役スター

日本代表は、現地時間16日(日本時間17日1時)にオマーン代表と敵地で対戦する。