2年ぶりに開催されたバロンドール授与式で7度目の栄冠に輝いたリオネル・メッシ。

ただ、ロベルト・レヴァンドフスキが受賞すべきだったという声もある。

【動画】メッシの受賞スピーチを見つめるレヴァンドフスキの表情

そうしたなか、彼の代理人であるピニ・ザハーヴィは、『TZ』でこう語ったそう。

ピニ・ザハーヴィ(レヴァンドフスキ代理人)

「メッシ、本当におめでとう。非常に優れた選手であり、サッカー界で永遠のレジェンドだ。

だが、2021年のバロンドールは彼ではない。今回は違う。バロンドールはレヴァンドフスキのものだ。

彼は奪われたわけではないかもしれないが、それにふわさしい。

1億人のファンがこの権威あるサッカーイベントを信じがたいと思うのも無理はない。

月曜日はレヴァンドフスキのバロンドールを祝うことで終えるべきだった」
アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら