かつてチェルシーで長くプレーした伝説的DFジョン・テリーが、あの「消えた天才」を”これまで見た中で最も才能豊かだった選手”と語ったという。

アストン・ヴィラのコーチを辞めてからはフリーの状態が続いているテリー。『Daily Mail』によれば、今回「可能性を活かせなかった選手はだれ?」と聞かれて以下のように話したとのこと。

ジョン・テリー

「ロブ・ウォリーストンは、中盤やウインガーの選手で、非常に多くの能力を持っていた。

私は今も彼を知っているが、彼は精神的に自分自身をプッシュする能力を欠いていたんだ。

彼は17~18歳でトップチームに呼ばれてトレーニングをした。そしてルート・フリット監督は彼をカップ戦で起用することにした。

しかし、ロブは試合の前に電話をかけて『病気になった』と連絡したんだ。

我々は皆、病気になったり、世界の終わりに直面したような感覚になっても、試合でプレーすることを諦めはしなかった。

しかし彼はそれをしたんだ。2~3回もね。彼は精神的に試合に臨む準備ができていなかった。しかし能力に関しては信じられないほどのものがあったよ」

【動画】ケンブリッジ・ユナイテッドで決めたロブ・ウォリーストンのゴール

ロブ・ウォリーストンは1979年生まれで、チェルシーの下部組織で育成された選手。チェルシーでは才能が開花せず、ローン移籍でも結果を残せずに退団した。

その後はブラッドフォード・シティやケンブリッジ・ユナイテッドなど下部リーグのクラブを渡り歩き、キャリアの終盤にはノンリーグでアマチュアとしてプレーしていた。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら