22日、日本代表のDF中山雄太(PECズウォレ)がオンラインでの会見に臨んだ。

最近の代表チームは左サイドバックの主力である長友佑都のパフォーマンスについて厳しい声が飛んでいる。さらに長友は現在FC東京で控えとなっており、出場しても右サイドで起用されている状況だ。

そんな事情から左サイドバックの二番手である中山の先発もあるのではないかという記者の声もあったが、中山はこう切り返した。

中山雄太(日本代表DF)

「(長友)佑都君が右サイドで出場しているのは知ってましたけど、僕も自チームでは3(バック)の真ん中で出ていますから。

誰かというより僕自身がしっかりと良い準備をして、なおかつスタメンを強い気持ちを持って取りに行くというのは変わらないです。

本当に誰がというよりは僕自身がしっかりと良い準備して、勝点3をもぎ取れる一員なれればなと思います」

特に反応しなかった中山。長友とは普段から「こうしたらどうか」といった意見をかわしてコミュニケーションを取る関係なのだという。

【動画】中山雄太、現地ファンを歓喜させた豪快ヘディングゴール!

なおコンディションについては「体調はバッチリ。本当に心身ともにバッチリの状態で代表に合流できました」と絶好調宣言をしている。