今季、100億円を超える移籍金でインテルからチェルシーに移籍したロメル・ルカク。

古巣復帰戦ではいきなりゴールを決めたが、その後は低調なパフォーマンスが続いている。

そうしたなか、かつてチェルシーで活躍したジョー・コールは『ITV Sport』でこう指摘していた。

ジョー・コール

「ルカクにはチェルシーでのキャリアを救うための猶予が6週間ある。

ティモ・ヴェルナーを見て欲しいね。

彼は絶対に諦めないし、得点できない時も何か他のものを与える。

ルカクはいいチャンスでミスしており、全てがうまくいっていないし、ポストに嫌われている。

彼は自分に腹を立てているに違いない。自分はもっと優れた選手だと分かっているからね。

彼は変わらなければいけない。以前のような姿に戻らなければいけないよ」

一方、『La Gazzetta dello Sport』や『Tuttosport』などのイタリアメディアはインテル復帰の可能性を報じている。

【動画】ヴェルナーを見習え!ルカク、ポストに嫌われた痛恨シーン

ルカクはインテルの首脳陣や元チームメイトに電話をかけて、復帰に前向きだと伝えたとか。インテルのディレクターもその可能性を排除していないという。

ただ、チェルシーはロマン・アブラモヴィチオーナーが制裁処分を受けた影響で移籍市場で動けない状況にある。チェルシーのクラブ売却が決まれば、ルカクの去就にも動きがあるのだろうか。