プレミアリーグでリヴァプールと熾烈な優勝争いを展開しているマンチェスター・シティ。

先日には、10年前の伝説的優勝に貢献したセルヒオ・アグエロの偉業を讃える銅像がお披露目された。

2011-12シーズンの最終節、シティはQPRに劇的な逆転勝利を収めて、宿敵ユナイテッドから優勝をかすめとった。

後半アディショナルタイムの段階では1点をリードされていたが、92分にエディン・ジェコ、94分にアグエロがゴール奪取。プレミア史上に残るミラクルだった。

そうしたなか、当時ユナイテッドに在籍していたウェイン・ルーニーの発言が話題になっている。『The Sun』の動画インタビューでこう述べていたのだ。

ウェイン・ルーニー

「(QPRのGK)パディ・ケニーは2つのゴールでもっとうまくやるべきだったよ。

シティが2点目を決めた後、QPRはすぐにボールを蹴り返してしまった。それが決して疑問視されていないのは、おかしい気がするね。

(QPRのFW)ジブリル・シセは試合後にシティの選手たちと一緒にお祝いしていた。

ただ、プレミアリーグの歴史的瞬間であることは間違いない。

ユナイテッドの選手としてそれに関わっていないとしても、このリーグでもっとも偉大な瞬間のひとつだろうね」

後半アディショナルタイムにジェコが同点ゴールを決めた直後、QPRはすぐにシティにボールを渡してしまったと指摘。それを奇妙だと感じているとか。QPRがもっとうまく時間を使ってくれれば、ユナイテッドが優勝していたのに…という思いがあるようだ。

【動画】アグエロじゃない!シティを救ったジェコの追撃ゴール

ただ、それでも歴史的な瞬間であることは認めている。また、ルーニーはとても穏やかな表情で語っており、いまさら怒っているわけではない。