昨季インテルからチェルシーへと久しぶりに復帰したものの、プレミアリーグでまた難しい時間を過ごしてしまったロメル・ルカク。

15ゴールは決めたとはいえ、プレーの内容は決して芳しくなく、シーズン中にインテルへの愛や復帰希望を語ったことでファンから総スカンを食らってしまった。

そして今夏のマーケットではローンでインテルへと復帰することになり、イタリア・セリエAへと戻ることに成功した。

【動画】かつてルカクがインテルで得点王となった24ゴールの全て

『Mirror』によれば、ルカクは今回『DAZN』のインタビューに対して以下のように答えたとのこと。

ロメル・ルカク

「チェルシーでの1年間は、以前よりも良い結果を残すためのモチベーションを与えてくれたよ。

僕がピッチでやれることを、皆は忘れてしまったと思う。それは僕が抱いているある種の『怒り』だよ。それは今のチームにもある。昨季はスクデットを獲れなかった。

(チェルシーに行ったことは間違いだった?)多くのことがあった。チェルシーでリベンジをしたいという思いもあった。あのときは若かったし、少年時代から11年もの間憧れたチームだった。

そこに戻る機会があったし、僕は最高だと思っていた。しかしそういうことではなかったんだね。

3月にインテルへと戻れる機会があると知った。何も口には出さなかったが、それからチェルシーで素晴らしい仕事をした。そしてここに戻ってきた。

シーズンが終わってから自分の状況をじっくりと考えた。インテルでは上手くやっていたが、チェルシーでは難しかった。もはや疑いはなかった。それがここに戻ってきた理由だよ」