UEFAはファイナンシャル・フェアプレー・ルールに違反したとして8クラブに罰金処分を科した。

PSGが1000万ユーロ(14億円)、ローマが500万ユーロ(7億円)、インテルが400万ユーロ(5.5億円)、ユヴェントスが350万ユーロ(4.8億円)、ミランが200万ユーロ(2.8億円)、ベシクタシュが60万ユーロ(8376万円)、マルセイユとモナコが30万ユーロ(4188万円)。罰金合計額は2600万ユーロ(36億円)になる。

この罰金はクラブが直接支払うか、UEFAコンペティションの収入から差し引かれるとのこと。

【関連】給与額も、全員超人!PSGの「年俸トップ10選手」

ただし、今後ルールを順守しなかった場合には罰金が増額される。そうなった場合の罰金合計額は1.72億ユーロ(240億円)。

PSGが6500万ユーロ(90億円)、ローマが3500万ユーロ(48億円)、インテルが2600万ユーロ(36億円)、ユヴェントスが2300万ユーロ(33億円)、ミランが1500万ユーロ(21億円)、ベシクタシュが400万ユーロ(5.5億円)、マルセイユとモナコが2万ユーロ(2.8億円)の罰金を科される可能性があるとのこと。