UEFAチャンピオンズリーグ開幕節でリヴァプールを4-1で粉砕したナポリ。

第2節で対戦するレンジャーズのジョヴァンニ・ファンブロンクホルスト監督はある選手を警戒しているようだ。『La Gazzetta dello Sport』によれば、こんな話をしていたそう。

ジョヴァンニ・ファンブロンクホルスト(レンジャーズ監督)

「あの難しい名前をした左ウィング。

(阻止するためには)彼を試合に入らせてはいけない。

スピードとドリブルがあり、両足でプレーできて、下がったり、サイドに行ったりするからね。

彼はスペシャルな選手だ」

ファンブロンクホルスト監督が大警戒していたのは、ナポリFWクヴィチャ・クヴァラツェリア。彼は21歳のジョージア代表ウィングだが、「Khvicha Kvaratskhelia」という名前は確かに難しい…。

【動画】難読!Kvaratskhelia、アーノルドをブチ抜いた裏街道シーン

クヴァラツェリアはリヴァプール戦でトレント・アレクサンダー=アーノルドを2度もぶち抜くなど目を見張る活躍を見せた。今季のCLで大注目の存在になりそうだ。