今年37歳になったクリスティアーノ・ロナウド。ただこのところはマンチェスター・ユナイテッドでも苦しい状況にあり、代表でもゴールを量産できていない。

先日行われたスペイン戦でのパフォーマンスも芳しいものではなく、態度の面でも批判を受けることになった。

【動画】モラタが試合終了間際にゴール!スペインが大一番を勝利した

スペイン戦で敗れたことによってポルトガル代表はUEFAネーションズリーグの決勝リーグ進出を逃すことになり、残念な結末を迎えてしまった。

『AS』によれば、かつてレアル・マドリーでもプレーした悪童アントニオ・カッサーノが、ロナウドに対して以下のように話していたとのこと。

アントニオ・カッサーノ

「サッカーの歴史上最高の選手の一人ではなかったね。

クリスティアーノ・ロナウドのような男は、自分自身のことを考えなければならないよ。もしこれ以上のことができないのであれば、終わらせる必要がある。

それがあらゆるスポーツにおけるルールだ。すなわち、引退というね。

もう十分だ!彼はすべてを勝ち取ってきた。大金を稼いできた。しかし今はマンチェスター・ユナイテッドでもスターターではない。

リオネル・メッシはマラドーナのような存在だ。多くの犠牲を払ってきた。14歳でアルゼンチンを離れ、多くの身体的な問題を克服した。彼はバルセロナで4年間一人ぼっちで過ごしたんだ」