ラ・リーガ第17節、レアル・ソシエダはアスレティック・ビルバオとのバスク―ダービーに3-1で勝利した。

久保建英は股抜きゴールを決めたほか、相手DFを退場に追い込むPKをゲットするなど大暴れ。

前半37分に鮮やかなゴールを決めた直後にはユニフォームを脱ぎ捨てて歓喜を爆発させていた(動画3分30秒から)。

ただ、ユニフォームを脱いだことでイエローカードを貰っている。

そうしたなか、本田圭佑はこんなツイートをしていた。

「サッカー。ゴール後に服を脱いだらイエローカードやけど全部にイエロー出すのはおかしい。

政治系やメッセージが強いやつだけイエローあり。嬉しさ爆発系はイエローなし。

脱がなければいいだけのことって言う人がでてきそうやけど、1ゴールに人生かけてるんや。服くらい自由に脱がしたってくれ」

ユニフォームを脱いだら無条件でイエローを提示するルールを疑問視しているようだ。

【関連】タトゥーを彫っていない世界最強のスター選手11人(2023年版)

なお、競技規則ではゴール後のセレブレーションで警告されるケースをこう定めている。

次の場合、競技者は、得点が認められなかったとしても警告されなければならない。

・安全や警備に問題が生じるような方法で、ピッチ外周フェンスによじ登る、または観客に近づく。

・挑発する、嘲笑する、または相手の感情を刺激するように行動する。

・マスクや同様のものを顔や頭に被る。

・シャツを脱ぐ、シャツを頭に被る。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★