11月21日に深圳で行われたワールドカップ2026・アジア二次予選の中国対韓国。試合はソン・フンミンの2ゴールもあって韓国が3-0と大勝した。

ただ、この試合ではピッチの外での問題も多く発生。韓国では元彼女の動画を違法に撮影した疑いがかかっているファン・ウィジョがプレーしたために賛否両論の事態に。

そしてスタジアムでは、ソン・フンミンのユニフォームを着たサポーターと、中国代表の地元サポーターの間で激しい対立が起こっていた。

なおこの映像ではトッテナムユニのファンが襲撃されているように見えるが、「微博」のレポートによればそれ以前の文脈があったようだ。

ソン・フンミンがゴールを決めた際に彼は背中に「SON」ではなく「WON」と書かれたトッテナムのユニフォームを掲げて周囲を挑発していたという。

それに対して中国のサポーターは罵倒の声を上げたり、ペットボトルを彼に向けて投げつけたりしたところ、トッテナムユニフォームの男性はさらにエスカレートして中指を立てるなどのジェスチャーをしていたとか。

周囲のサポーターは彼に対して「アウェイのスタンドに行ったらどうか」と求めたものの、同行していた黒い服の女性とともにそれを拒否したそう。

そして最終的にこの衝突に発展したとのことで、ここでついに警備員が介入してトッテナムユニのファンを退場させることにしたという。

【関連記事】「中国に移籍して驚きを与えた」世界のスーパースター5名

なお、ネットユーザーの調査により、このトッテナムユニの人物は海南大学の中国人学生ではないかと考えられているようだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら