近年のサッカー界で最強に君臨してきたクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシ。

かつてバルセロナでプレーした元ポルトガル代表MFデコは2人とチームメイトだったことがある選手のひとりだ。

そのデコは、『fourfourtwo』のインタビューで、ロナウドかメッシかという究極の質問をされるとこう答えていた。

「頼むよ!彼らは違う選手さ(笑)

当初、クリスティアーノは純粋なウィンガーだった。ボールを受けると、相手をドリブルで抜くことしか考えてなかったものさ。

彼は選手として大きく成長し、僕らがずっと見てきたような負けず嫌いの野獣になった。常に可能な限りのあらゆる方法で成長しようとしている。

メッシはずっと天賦の才がある。時間をかけてプレーを適用してきたけれど、動き方は常に同じだ。だから、どちらかを選ぶのは難しいよ。

理想の世界は、自分のチームに2人がいることだろうね。彼らがいれば、2人にパスすれば終わりさ!」

どちらも違う強みがあるとして、一人を選ぶことはしなかったそう。メッシは天才肌、ロナウドは秀才タイプということだろうか。

大谷翔平は1位じゃない!1年あたりの世界最高給アスリート王

なお、46歳になったデコは、古巣バルサでスポーツディレクターを務めている。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら