28日に行われたアジア最終予選で北朝鮮に2-1と勝利し、パリ五輪への出場権を獲得したなでしこジャパン。試合後、MF長谷川唯が囲み取材に応じた。

中立地サウジアラビアで行われた第1戦を0-0で引き分けた日本にとって、第2戦はホームとはいえ絶対に負けられないプレッシャーがかかる試合だった。

ただ長谷川は「逆にもう何も考えずに勝つだけっていうところもあって。前半からしっかり自分たちで支配してゴールを狙うプレーができたのかなと思ってます」と安堵の表情で試合を振り返った。

この日は第1戦からスタメン2選手が替わり、システムも使い慣れた4-3-3から3-4-3に変更。これが功を奏したのだが、第1戦からの短期間でこれほどうまく修正できたのは過去の積み重ねがあったからだという。

「(昨年末の)ブラジル戦の試合の中で少し変えた時はあったんですけど、それ以外では練習でも3バックをやっていることがなくて。それでもワールドカップまで(3バックを)やってた基盤があった中で、今日本番でトライして良い流れでボールを回せましたし落ち着いてボールを回せたので。自分としてはすごく手応えがあった試合だったし、それで結果が出て本当に良かったなと思います」

長谷川はこの日、長野風花と2人でボランチを組んだ。長野とのコンビは「個人のミスだけを気にしてプレーできるので本当にやりやすい」そうで、それを感じさせるシーンが随所にあった。そんな長谷川はシステム変更によって変わった部分をより具体的に説明してくれた。

「ワントップに対して『距離感が近い』っていうのが一番で。この前の4-3-3でもインサイドハーフがワントップの近くにいられたらいいんですけど、どうしてもビルドアップで(後ろを)助けに行ってしまわないといけない部分もあった。そこで距離が出てしまい、田中(美南)選手が孤立してその後に繋がらないシーンがあったり、左のウイングで(植木)理子が出てたんですけどそこも良い形で入らなくて前向きを作れないシーンが多かったんですけど、今日は(上野)真美と(藤野)あおばが前の所の1個手前でしっかり良いポジションを取れていたので。相手(北朝鮮)も多分4-3-3を想定して用意してきたのもあって空いたスペースをうまく使えたかなと思います」

今、「最も稼いでいる女子サッカー選手」TOP10

パリ五輪は今夏の7~8月に開催される。短い準備期間の中でこれからどう準備し、本番ではどのような戦いをみせてくれるのだろうか。

「これから4-3-3をもっと突き詰めていかないといけないなと思ってますけど…時間が短いところもあるので。4-3-3がどうやったらうまくいくか。メンバーによってボールの回し方を変えるとか、3バックにして回すこともできると思うので。そういうのをもっとチャレンジしながら、メンバーによっていろんなサッカーができるチームになれたらいいなと思います」

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら