今年1月で40歳になったフランクフルトの長谷部誠。

『Bild』は、長谷部はこの夏に引退するか、現役をもう1年続けるかを決めることになると伝えている。

引退後はフランクフルトで指導者の道を歩むとされているが、U-21チームのアシスタントコーチに就任する案も浮上しているという。

フランクフルトのリザーブチームは今季限りで監督の退任が決まっているものの、コーチングスタッフがどうなるかはまだ未定だそう。

カズに負けない!現役でプレーする40代の「超懐かし選手」6名

ただ、長谷部は1年ほど休養して、2025年から指導者としての道を歩むという可能性もあるとのこと。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」