欧州各地で行われているEURO予選。グループAでは、アイスランドがアウェイでオランダを下すアップセットが起きた。

決勝点となるPKを決めたのはギルフィ・シグルズソンで、昨年10月の対戦と合わせると、オランダ戦2試合で3ゴール。

オランダキラーとなったシグルズソンは試合後、「昨日からPKをゲットする予感があった」と告白していた。また、重要な一歩になったとしつつ、「僕らは落ち着く必要があるし、仕事を片付ける(予選突破?)ことを確実にしなければ」などと語っていた。

予選7試合を終えグループ首位に立っているアイスランド。シグルズソンは落ち着く必要があると説いていたが、試合直後にはやはりこんなことになっていたようだ。

これはチャールトンでプレーするアイスランド代表FWヨウハン・グズムンドソンがアップした動画。

フルーツなどをブン投げるなど大騒ぎで、勝利のパーティー状態だったようだ。ただ、スタッフは片付けのことを考えてか冷静であった…。

とはいえ、敵地アムステルダムでオランダを下すというのはそれだけの偉業だったと言える。アイスランドは6日にカザフスタンをホームに迎えての予選第8節が控えている。