今夏レヴァークーゼンからトッテナム・ホットスパーへ移籍した、韓国代表FWソン・フンミン。23歳のアタッカーは移籍早々に結果を出し、サポーターのハートをがっちりと掴んでいる。

そんな彼の愛称はどうやらスパーズへ移っても変わっていないようだ。

実はソンはレヴァークーゼン時代から「ソニー (Sonny)」の愛称で親しまれており、このように『Bild』なども普通に使っていた。

そして先日、ソンの決勝弾でトッテナムがクリスタル・パレスを下した際、エースのハリー・ケインがInstagramへ投稿したのがこちら。

Good win yesterday! Great goal from Sonny! #coys
Harry Kaneさん(@harrykane)が投稿した写真 -

ソンが決めた素晴らしいゴールをたたえるキャプションには、「Sonny」の文字が。

ちなみに、「COYS」というのはスパーズファンの定番フレーズ「Come On You Spurs」のことである。

トッテナムの公式でもやはり「Sonny」。日本のSONYと比べると“N”が一つ多いが、こちらの「ソニー」もイングランドで認知度を高めつつある。

ミッドウィークの23日に行われたキャピタル・ワン・カップでは、宿敵アーセナルに1-2の敗戦を喫したトッテナム。今週末は26日、リーグ首位のマンチェスター・シティとホームで対戦する。