先日、自分だけのオリジナルシューズをデザインできる「NIKEiD」で、フットサル用のガムソールが選択できるようになったというニュースを紹介した。

話題としては正直地味だが、待ち望んでいたプレーヤーはきっといるはず!というか何を隠そう、筆者がその一人だ。

そこでさっそく、フライニット&ダイナミックフィットカラー採用の最新フットサルシューズ『マーキュリアルX プロキシモ』を一足作ってみることにした。せっかくなのでその過程を紹介したい。

NIKEiD

まずは「NIKEiD」のトップからスポーツ→フットボールへ。そしてカスタマイズサッカースパイクの中から『ナイキ マーキュリアルX プロキシモ IC iD』を選択する。

NIKEiD

トラクション(アウトソール)は最初から飴色の「ガムミディアムブラウン」!アピール度満点だ。迷彩系のかっこいいグラフィックもあるが、体育館で心置きなく使うため今回はスルー。

アッパーの色は、単色系の「ソリッド」と最近登場したクロームカラー系の「クロマ」。他にもこの辺りの色が選択できる。

NIKEiD

1がNikeのロゴであるSwooshとそのボーダーカラー(※ヒール部分の「MercurialX」もボーダーカラーと同色)。2がレース、いわゆる靴ひもだ。3がミッドソールとなっている。

NIKEiD

また、このようにお好みでヒール部分にパーソナルiDを入れることも可能である。

【次ページ】デザインしてみた!