エールディビジ第10節、NEC対フローニンゲン戦は1-1の引き分けという結果であった。

この試合を裁いたエド・ヤンセン主審のある行動が秘かに話題となっている。

試合終了直後、フローニンゲンの10番アルベルト・ルスナークから返却されたボールを、左足で絶妙な“キャッチ”!。選手もびっくりとビタ止めトラップであった。