最終節の大分戦で劇的な勝利を飾り、見事J1昇格を果たしたジュビロ磐田。

チームを指揮する名波浩監督が、『スカパー!』で放送されている「Jリーグラボ」に出演した。

日本サッカーの水準向上を目的に開設されたこの番組は、野々村芳和氏がMCを務める。チームの戦術論や技術論はもちろん、先日はJリーグのアドバイザーに就任した堀江貴文氏が出演しJリーグの今後を語るなど、あらゆる角度から分析する番組である。

もともとこの番組は野々村氏と名波氏がMCを務めていたのだが、名波氏の監督就任にともない一時”離脱”。しかし、降板したわけではなく番組ロゴにも引き続き名波氏の似顔絵が描かれており、今回久々に番組に復帰した形である。

さて、そんな名波監督が出演した#34と#35では、今シーズンのJ2を総ざらいしている。

特に#34ではジュビロ磐田の2015シーズンをメインに振り返っているのだが、このプログラムの中で名波監督はFWアダイウトンに関するエピソードを披露してくれた。

今シーズン、ブラジルのパラナから期限付き移籍で加入し17得点をあげ、J2の得点ランキングでも4位につけたアダイウトン。名波監督はアダイウトンの獲得に際し10試合以上を視察したそうで、その性格を「常にナイスガイ」と評している。

そんなアダイウトンはなかでもジェントルマン気質であるようで、こんなことを話していた。

名波 浩(ジュビロ磐田 監督)

「そもそもね、これ各クラブの監督さんにね、『いいな』って思われると思うんだけど、

ブラジル人が監督室ノックしてきて『こないだの試合のおれこういう風に考えてたんだけど、どう思う?』とか『ここをこうしたいんだけど、どう改善したらいいか?』ってしてこないでしょ?

彼アダイウトンはね、そういうのはすごいよ。

シーズン終わって『自分が成長できたのはおまえのおかげだ』っておれ言ってもらえたんだけど、その時もちょっと涙流してたから。

そんな子いないでしょ。今までのブラジル人」

この他にも名波監督は同番組の中で、実は今シーズン中に5度も入院していたことを明かしている。

また、トレーニングを公開する意味や試合中に口含んでいる物の正体、自身がシェイプアップする理由といった内容を放しており、ファンにとっては見逃せない内容となっている。

詳しくは「Jリーグラボ」の#34と#35をチェック!

【外部リンク】スカパー! Jリーグラボ#34 ゲスト 名波浩 再放送スケジュール

【外部リンク】スカパー! Jリーグラボ#35 ゲスト 名波浩 再放送スケジュール