ポンチプレッタに所属するブラジル人FWジエゴ・オリヴェイラにJ1・川崎フロンターレが接触しているという。『Globo』など複数メディアが報じている。

ジエゴ・オリヴェイラは25歳。クリチーバ出身で地元パラナでデビューし、その後、カタール、韓国や国内の小さなクラブでプレー。そのどこでも目立った成績を残せていなかったが、今年加入したポンチプレッタでは全国選手権31試合(3得点)に出場し、同クラブとしては十分な好成績といえる11位でのフィニッシュに貢献した。

過去5ゴール以上を記録したことがなく、FWとしては得点力に乏しいものの、スイッチが入った時の加速力や局面で仕掛ける能力に優れる。

現地の報道によればポンチプレッタはジエゴ・オリヴェイラを引き留めたい意向だが、クラブの規模・財政的に日本のクラブと争うのは難しいとしている。ジエゴ・オリヴェイラに関しては以前にもJリーグ入りが噂されており、その候補としてアルビレックス新潟の名前も挙がっていた。