かつてサッカーユニフォームといえば、バルセロナ、ユヴェントス、ミランといったチームたちが人気であった。しかし、毎年アップデートされる新ユニフォームを買い続ける人は多くない。

そんな中で、2015年に最も売れたユニフォームはどのチームなのであろうか?今回は、Qolyの通販部門「ラブフットボール」で2015年最も売れたユニフォームを紹介する。

5位: 2014-15 レアル・マドリード サード #7 RONALDO クリスティアーノ・ロナウド

2014-15 レアル・マドリード サード #7 RONALDO

2014-15 レアル・マドリード サード ディテール

商品説明 2014-15シーズンのカップ戦を中心に使用された。当ユニフォームは日本のデザイナー山本耀司とのコラボレーションが話題に。龍王(ドラゴン・キング)と翼龍(ドラゴン・バード)の2体の龍を前面に押し出した、画期的なデザイン。 襟部分には山本耀司氏のサインをプリント。紙タグにもドラゴンをプリントするなど、たいへんコレクタブルな一品。ちなみに、ホームも人気でした。

編集部Q 「ヨウジヤマモト」と言えば、モードと称される洋服の中でも大変男くささが溢れているブランド。その中で、まさか「龍」「黒」という日本の「サムライ」や「龍が如く」的なエッセンスをレアル・マドリーという”王認定”のチームに採用するとは思わなんだ。

商品url adidas(アディダス) 2014-15 レアル・マドリード サード半袖 #7 RONALDO クリスティアーノ・ロナウド

【次ページ】4位は今夏移籍の日本人選手