U-20ペルー代表FWのベトことルイス・ダ・シルバがオランダの強豪PSVと契約を結んだようだ。

現時点でPSVから公式な声明は発表されていないが、ベト本人がPSVと3年契約を結び、月曜日から練習に参加することをメディアを通じて明らかにした。

19歳のベトはU-15からペルー各年代の代表に選ばれてきたエリートで、「フェノーメノ(怪物)」や「天才」などと呼ばれ、国内で最も期待される選手の1人である。

これまで何度かPSVのトライアルに参加しており、年末にはメディカルチェックを通過し契約寸前までこぎ着けていた。ただ12月31日に契約が切れるスポルティング・クリスタルが移籍金を受け取る権利があると主張したため、交渉が難航していた。

PSVでプレーするペルー人選手はジェフェルソン・ファルファン、レイモンド・マンコ以来3人目となる。