6日、『Daily Mail』は「ノリッジ・シティは、ディナモ・ザグレブに所属しているポルトガル代表DFイヴォ・ピントの獲得に近づいている」と報じた。


Ivo Pinto - Right Defender - Best Moments 投稿者 dm_516c27673b37a

イヴォ・ピントは1990年生まれの25歳。主にボアヴィスタの下部組織で育成された選手であるが、ポルトへ移籍してプロデビューを果たした右サイドバックである。

国内ではあまり成功を収められなかったものの、2012年にCFRクルージュへと移籍してルーマニアで台頭し、2013年からディナモ・ザグレブでプレーしている。

まだキャップは獲得していないものの、2014年にはフェルナンド・サントス監督によってポルトガル代表にも選出された経験がある。

ノリッジ・シティは現在彼の獲得に向けて220万ポンドの入札を行っていると報じられており、おそらく木曜日に何らかの結論が出ると考えられている。

また、さらにノリッジはエヴァートンに所属しているFWスティーヴン・ネイスミスの獲得に向けて800万ポンドの入札を行っていると言われており、その交渉の進行も注目されている。