FAカップ3回戦、エクセター・シティ相手に2-2で引き分けたリヴァプール。相手は4部リーグで4連敗中であったが、常に先手を奪われる苦しい展開であった。

試合後、 エクセターのポール・ティスデイル監督は勝利まであと10分だったと悔やみつつ、「我々は本当にいいショーをやった」とコメント。一方、ユルゲン・クロップ監督は選手ではなく自らを含めたコーチ陣の責任などと述べていた。

さて、この試合はエクセターのホームであるセント・ジェームズ・パーク(ニューカッスルのとは別)で行われた。同スタジアムのキャパシティは8,541人ほどであり、試合前のインタビュー場所も実に意外であった。

プレスルーム…ではなく、なんと給湯室ような場所の一角だったのだ。クロップのすぐそばには、チームスタッフ?とみられる女性2人の姿も!こんなシチュエーションは滅多にないはず。

なんでもクロップはここで実際にコーヒーを飲んだそう。ちなみに、ミルクと砂糖なしのブラックだったとか。

アンフィールドで行われるリプレイの日程は今後決まる。