『KPMG』は「アメリカ・メジャーリーグサッカー、中国超級リーグ、インディアン・スーパーリーグの観客数は、伝統的なサッカー強国に匹敵し始めている」という記事を掲載した。

このデータはKPMGのサッカーベンチマークチームが、現在著しい成長を見せるこの3リーグを欧州のビッグ5と比較したものだ。

その数字は以下の通りとなっている。

平均観客数

  1. ドイツ・ブンデスリーガ およそ44000人
  2. イングランド・プレミアリーグ およそ36000人
  3. インディアン・スーパーリーグ およそ26500人
  4. リーガ・エスパニョーラ およそ26000人
  5. イタリア・セリエA およそ22000人
  6. リーグ・アン およそ22000人
  7. 中国超級リーグ およそ21800人
  8. アメリカ・メジャーリーグサッカー およそ21500人

そして、突出したドイツ、イングランド以外の6者について、2011-12シーズンを100%とした場合の観客数伸び率は以下の通りとなっている。

リーガ・エスパニョーラ

  • 2012-13 : 97.8%
  • 2013-14 : 103.5%
  • 2014-15 : 98.8%

イタリア・セリエA

  • 2012-13 : 101.7%
  • 2013-14 : 99.2%
  • 2014-15 : 95.4%

リーグ・アン

  • 2012-13 : 102.1%
  • 2013-14 : 111.2%
  • 2014-15 : 117.9%

アメリカ・メジャーリーグサッカー

  • 2013 : 102.9%
  • 2014 : 105.6%
  • 2015 : 119.2%

中国超級リーグ

  • 2013 : 99.5%
  • 2014 : 100.5%
  • 2015 : 117.3%

インディアン・スーパーリーグ

  • 2014 : 100%(創設年)
  • 2015 : 104%

なお、2015年度のJリーグ1部平均観客数は17803人。2014年度からの伸び率は103%となる。