『BBC』は「ナポリのサポーターは、日曜日に行われるカルピ戦でDFカリドゥ・クリバリのマスクを配布することにした」と報じた。

水曜日に行われたミッドウィークのラツィオ戦で0-2と勝利を収めたナポリ。しかしその途中には、スタディオ・オリンピコのファンからDFカリドゥ・クリバリに対して人種差別的なチャントが歌われるという大きな事件が発生した。

主審を務めていたマリアーノ・イラティ氏はそれを受けて試合自体を中断するという決断を下し、数分間の協議の末にプレーが再開されていた。

サポーターの管理責任を問われたラツィオは5万ユーロ(およそ650万円)の罰金、そして2試合のホームゲーム観客入場禁止処分が言い渡されている。

ナポリのサポーターグループであるクアーリ・デル・サンゲ・アズーロはこれらの行為に抗議するため、カルピ戦でカリドゥ・クリバリのマスクを配布し、選手入場時に掲げるという計画を立てているとのことだ。

なお、ナポリのサポーターはコッパ・イタリアでの暴動事件によって罰則を受けており、先日のエンポリ戦、そして今回のカルピ戦で一部のサポーターに向けたチケットの販売が制限されている。