『Mirror』は「バルセロナの会長を務めているジョゼップ・マリア・バルトメウ氏は、スター選手が流出しないことを確信していると話した」と報じた。

来季、バイエルン・ミュンヘンからペップ・グアルディオラ氏がやってくるマンチェスター・シティ。豊富な資金力を生かし、監督の古巣であるバルセロナから選手を引き抜くのではないかと噂されている。

シティの首脳陣にはフェラン・ソリアーノ氏やチキ・ベギリスタイン氏がおり、バルセロナとのコネクションも豊富だ。

しかしバルセロナの会長を務めているバルトメウ氏は以下のように話し、より多くの金を稼げることだけでチームを離れる者はいないと答えたという。

ジョゼップ・バルトメウ

「我々は、リオネル・メッシが他のチームに行けばもっと多くのお金を稼ぐことが出来ると知っている。

それはネイマールもそうだし、セルヒオ・ブスケツもそうだ。ジェラール・ピケも、ルイス・スアレスもだ。

例えば、ネイマールは、ここに来た時にも他のクラブからもっと良いオファーを貰っていたんだ。それはルイス・スアレスも同じだった。

しかし、彼らはバルセロナに来ることを選択した。なぜなら、このクラブは選手を惹き付けるからだと思う。

我々は『クラブ以上の存在』だからだ」