プレミアリーグ27節、チェルシーは敵地でのサウサンプトン戦で2-1の逆転勝利を収めた。

前半のうちに先制されるも、残り15分から試合をひっくり返したチェルシー。後半から投入されたブラジル人ケネジが、こんなプレーを見せるシーンもあった。

巧みなフェイントで相手DFセドリック・ソアレスを振り切ると、最後はラボーナでクロス!

ゴールには至らなかったが、ブラジル人らしい遊び心を魅せてくれた瞬間だった。

なお、ケネジとの交代で前半のみで下げられたのは、ガーナ人DFアブドゥル・ラーマン・ババ。失点につながるミスをした彼について、フース・ヒディンク監督はこう述べていた。

フース・ヒディンク(チェルシー監督)

「ウソの怪我(人)を作り出したくはない。彼を下げたのはミスをしたからだ。

彼はそれに対処しなければならない。ミスについて、彼はロッカールームでひどく落ち込んでいた。

だが、我々はこれまで通り決断を下さなければならないんだ」

【次ページ】ヒディンクが交代を決めたミスとは…