来週末までウィンターブレイクのブンデスリーガ。

宇佐美貴史が所属するアウクスブルクは現在、温暖なスペインのマルベーリャで合宿中だ。この日はAZとの親善試合を行った。

フレンドリーマッチとはいえ記念すべき2017年の初戦で最初にゴールを決めたのは宇佐美だった。

先発すると前半21分に先制ゴールをマーク。ゴール前を流れたクロスをしっかり押し込んだ形だった。

宇佐美はスタメン11人のなかでただ1人後半も続けてプレーした。なお、試合は後半にAZが追いつき、1-1の引き分けで終了している。

前半戦を12位で終えたアウクスブルクにあって、宇佐美のリーグ戦先発出場は1度のみだった。チームは12月に指揮官を交代しており、宇佐美ともども後半戦の巻き返しはなるだろうか。

なお、アウクスブルクはハノーファーとの親善試合を行った後、21日のホッフェンハイム戦で後半戦がスタートする。