ドルトムントがアーセナルからの選手獲得に近づいているようだ。『ESPN』が伝えている。

それによれば、ターゲットとされているのは、MFゲディオン・ゼラレムだという。

今月26日で20歳になるゼラレムは、抜群のテクニックにパスセンスを併せ持った逸材だ。エチオピア人の父とドイツ人の母のもとベルリンで生まれ、アメリカで育った選手でもある。

昨季はレンジャーズに貸し出され、スコットランド2部で21試合に出場した。だが、アーセナルに復帰した今季はトップチームでの出番がリーグカップの17分のみ。

こういった状況にあるためドルトムントとしては引き抜くことができると見ているようだ。また、彼とアーセナルとの契約は今年6月末まで。ドルトムントとしては安価な価格で彼を連れてくることが可能だと考えているとのこと。

なんでも彼の父親はドルトムントのファンだそうで、ゼラレム本人もドイツに戻ることを望んでいるというが…。