CM撮影などの際に本人役を務める替え玉・代役のことを“ダブル”と呼ぶ。

サッカー界のスーパースターであるクリスティアーノ・ロナウドにも、ディエゴ・ダビラさんというダブルがいる。

そのダビラさんがダブルを務めるうえでの苦労や、ロナウドの人柄を明かした。『UOL Esporte』が伝えている。

ディエゴ・ダビラ

「クリスティアーノとの関係はとてもいいよ。

でも、実際には一緒に仕事を始めた頃の僕らはよそよそしかった。人見知りのせいかもね。

でも時間とともに互いを知ったことで、クリスティアーノはラブリーな人だと言うことができるよ。

彼と一緒に働くことは、とてつもない喜びさ。

彼は僕といるのが好きだし、僕もね。彼は素晴らしい人だよ」

また、ロナウドの“体”役を務めるため、彼自身もかなりのハードワークが必要なようだ。

ディエゴ・ダビラ

「自分の体には相当に気を使わなきゃならない。

彼はワールドクラスのアスリートだし、信じられないようなフィジカル的なクオリティを持っている。

常に出来る限り彼と同じような体にしていなければいけない。とはいえ、遺伝的特徴によって明らかな違いもあるよ。

僕は彼の個人的なヘアスタイリストであるミゲルに髪を切ってもらっているし、常に彼と同じ髪形にしておかなければならない」