アーセン・ヴェンゲル監督の退任が噂されているアーセナル。シーズン終了後には大きな変革が起きる可能性も示唆されている。

そんななか、『The Sun』が今夏の補強の噂について伝えていた。

それによれば、アーセナルがターゲットにしているのは、エヴァートンMFイドリサ・グエイだという。

セネガル代表でもあるグエイは1989年生まれの27歳。

彼はリールの下部組織で育ったボランチだ。柔らかなテクニック、スピードや守備能力も備えた万能センターハーフとして、近年はプレミアリーグでもスタッツ面で屈伸の数字を叩き出している。

昨夏アストン・ヴィラからエヴァートンへ移籍したグエイ。彼については、レスターからエヴァートンに移った敏腕スカウトのスティーヴ・ウォルシュがエンゴロ・カンテと双璧とさえ評価している。

そんな彼をスペインやイタリアのクラブも狙っているというが、アーセナルも獲得に乗り出す準備ができているとのこと。アーセナルとしては彼をカンテのような存在に見立てているというが…。

なお、エヴァートンがヴィラに支払った移籍金は710万ポンド(9.9億円)。だが、今彼を買うにはかなりの増額が必要になりそうだ。