MLSで驚きのオウンゴールがあった。

スポーティング・カンザスシティ対サンノゼ・アースクエイクス戦の終盤に…。

カンザスシティFWソーニー・サードが狙ったスルーパスは、DFの足に当たり枠外へ…。

サンノゼGKデイヴィッド・ビンガムは楽々キャッチのはずが、まさかのトンネル!しかも体に触れたボールはゴールへ…。信じられない痛恨のオウンゴールになってしまった。

この時点で1点ビハインドだったため、ビンガムは捕球後のディストリビューションのほうに気をとられていたのかもしれない。結局、サンノゼは1-2で敗戦となり、開幕からの連勝が2でストップしてしまった。

ジョン・スペンサー(サンノゼ副監督)

「(ビンガムの)ミスだったと思う。だが、彼はこのチームを何度も何度も救ってきてくれた。

今日の彼はミスをした。とはいえ、私が言ったように、彼はこのチームにとってずっと素晴らしい選手だった。今年もそうなるはずさ」

アメリカ代表capも持ってるビンガムは27歳。今月のW杯予選に向けたメンバーにも、ブラッド・グザンの代替招集として呼ばれている。