トッテナムのU-23チームで監督を務めるウーゴ・エヒオグが、病院へ緊急搬送された。

現役時代はDFとしてイングランド代表でもプレーしたエヒオグは、1972年生まれの44歳。2014年からトッテナムにコーチとして加わっていた。

『Guardian』によれば、エヒオグは木曜日の朝に練習場で昏倒。心臓発作の疑いがあるとされている。

その場で応急処置を受け救急車で搬送されたというが、その後の容態についてはまだ明らかになっていない。