『Mirror』は22日、「エル・クラシコにおけるワーストイレブン」という記事を再掲した。

日曜日に行われる世界注目の試合、レアル・マドリーとバルセロナによるエル・クラシコ。

リーガの首位争い直接対決というだけでなく、両チームでプレーしたルイス・エンリケ監督の最後のクラシコという点でも話題になっている。

その伝統の一戦でプレーした選手の中で、最も悪い印象を残した者達とは?

ホセ・マヌエル・ピント(バルセロナ)

ホセ・マヌエル・ピント(バルセロナ) レアル・マドリー

2011年4月、近年最も激しかったダービーにおいて、ピントは当時のレアル監督であったジョゼ・モウリーニョ、そしてペペとともに退場した。

しかし、ジョゼとペペは試合の中で活発に動いていた反面、ピントはベンチの上に座っていただけだった。

【次ページ】「TGV」と呼ばれ…