今季、インドネシアの名門ペルシブ・バンドゥンに加入したことで大きな話題を集めたマイケル・エッシェン。

当初は労働許可証を持たずにプレーすることになるなどトラブルもあったが、チームの中心的な選手として出場している。

ペルシブ・バンドゥンは16試合を終えて18チーム中14位と低迷しているが、エッシェンはそのうち15試合でプレーしており、不運な怪我に苦しんできた彼にとってはいい流れとなっている。

しかしながら先日のペルシジャ・ジャカルタとの試合では、彼に不運な珍事が起こってしまったようだ。

サイドラインでドリブルを仕掛けたネパール代表MFロヒト・チャンドのクロスをブロックしようとしたところ…。

これは痛い!ボールがボールに!

なおエッシェンは幸いにもこの後もプレーを続け、フル出場。試合は1-1のドローに終わっている。