先日行われたディジョン戦で大勝したモナコ。その試合に先発出場したラダメル・ファルカオは、ハットトリックを達成して勝利に大きく貢献した。

開幕戦で怪我をしたエンバッペに代わり、パートナーは今季新加入のアミヌ・ディアカビだった。しかしその状況にもかかわらず、圧巻のセンスを見せつけた。

1点目はコーナーキックからカミル・グリクの落としを抜け目なくシュート!これもファルカオらしいゴールだ。

モナコの2点目は、これもコーナーキックからDFジェメルソンのオーバーヘッド。こちらも十分かっこいいわけだが…。

まさに「時間が止まった」といえるのがラダメル・ファルカオの2点目!ディアカビからのパスを受けると…。

対面したDFヤンベレの脇からこの天井シュート!一瞬スタジアムが「おやっ?」となったところから、そこから大歓声が湧き上がる…スバラシイ…。

ファルカオはこのあともコーナーキックからヘディングでゴールを決めており、4-1での大勝の立役者に。エンバッペがいなくても、モナコは強いということを証明した感じである。