『Abendzeitung』など各メディアは10日、「元ドイツ代表MFマリオ・バスラーは、バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督が冬に退任すると話した」と報じた。

土曜日の試合でホッフェンハイムに0-2と敗れ、ロベルト・レヴァンドフスキからもチーム批判ととれる発言が飛び出したバイエルン。

さらに今回、アンチェロッティ監督がすでにシーズン中に中国へと行くことを決めているという驚きの暴露があった。

それを話したのはかつてバイエルンでプレーしたドイツ代表の名MFマリオ・バスラー氏。過激な発言をすることで有名な彼であるが、果たしてそれは本当なのだろうか…。

マリオ・バスラー

「私が聞いたところによれば、アンチェロッティ監督は既に中国のクラブと契約をしているという。数日前にそれを聞いた。

彼は冬のマーケットでチームを去ると理解している。なぜなら、中国のシーズンがスタートするからだ。

それが100%真実であるとは確信できないが、私の情報源は信頼できるところだ。

そのソースに否定的なことは言えない。信頼している。

それが起こるとは限らないが、周りの噂ではそのように言われている」