この夏登場したadidasの新スパイク『ネメシス』。

リオネル・メッシ着用モデルらしいその“アジリティ”を思いっきり体感するイベント、「NEMEZIZ presents TANGO LEAGUE」が8月27日に東京・台場で開催された。

NEMEZIZ presents TANGO LEAGUE

イベントは2部制で行われ、1部はQolyでも以前紹介したTANGO LEAGUE所属チームなど16チームによる5vs5のフットボール(※フットサル競技規則)。その後の2部では、アジリティを評価され選ばれたプレーヤーらによって1vs1の「アジリティフットボール」が実施された。

5vs5を制したのはFC TOOWA。予選リーグから決勝まで、全6試合を無失点という見事な優勝だった。

NEMEZIZ presents TANGO LEAGUE

続いて行われた2部の1vs1は、2分1本勝負のトーナメント戦!

NEMEZIZ presents TANGO LEAGUE
NEMEZIZ presents TANGO LEAGUE

筆者も参加したのだが、残念ながら1回戦で敗退…(※写真は別のプレーヤー)。

優勝した東京都の小黒拓人さんは、苦しいゲームの中でも技術的なキレを発揮。決勝戦も2-1で勝利し、adidasフットボールとの1年間のスパイク契約を勝ち取っている。

NEMEZIZ presents TANGO LEAGUE

表彰式にはFC東京の石川直宏がゲストとして登場。「テクニックとフィジカルの使い方がうまい!今度勝負して下さい」と称賛の言葉を送った。

【次ページ】石川にインタビュー!“1対1”のこだわりとは