『Sky』は10日、「元リヴァプールのFWジョン・オルドリッジは、シモン・ミニョレの能力を賞賛した」と報じた。

アンフィールドにやってきてから、時に強烈な批判を浴びているミニョレ。ユルゲン・クロップ監督が連れてきたロリス・カリウスにポジションを奪われる時期もあった。

今季はほぼポジションを手にしていると言えるが、彼はトップレベルにないと指摘する評論家も多い。

しかし、リヴァプールの伝説的なストライカーとして知られているオルドリッジの意見は違うようだ。

そして、逆にロリス・カリウスの能力についてはかなり否定的な見方をしているようである。

ジョン・オルドリッジ

「ダビド・デ・ヘアはトップだ。トップのゴールキーパーだ。

ただ、私はシモン・ミニョレのファンだ。思うに、彼は不当な批判を受けてきているよ。

彼はプレミアリーグのどんなショットストッパーにも匹敵する選手だと思うよ。

試合の1~2回のことが取り上げられたり、ミニョレがミスを犯すたびにごそごそと精査されてしまう。

しかし、彼は現在リヴァプールのベストGKだと思うよ。おそらく、2番手はダニー・ウォードだね」