リヴァプールは10日、「カーボヴェルデ戦で負傷したセネガル代表FWサディオ・マネは、6週間の欠場となる」と発表した。

先日のワールドカップ予選で左足ハムストリングスを痛めてしまったマネ。診断の結果グレード2(中度)のものと判明した。

その結果、彼は今後リヴァプールでの10試合を欠場する可能性が高くなったとのこと。マネが使えないと思われるゲームは以下の通り。

10月14日:マンチェスター・ユナイテッド戦

10月17日:マリボール戦

10月22日:トッテナム戦

10月28日:ハダーズフィールド戦

11月1日:マリボール戦

11月4日:ウェストハム戦

11月18日:サウサンプトン戦

11月21日:セビージャ戦

11月25日:チェルシー戦

11月29日:ストーク戦

今年初め、アフリカネイションズカップでマネを欠いたリヴァプールは、その間の7試合で1回しか勝つことができなかった。

ただ、今季はムハンマド・サラーの獲得もあって状況は違う。マネの不在時に結果を残せば、「今のリヴァプールは違う」と見せつけられるだろう。