最終節が行われた2018年ワールドカップに向けた欧州予選。

グループAではポール・ポグバとエンゴロ・カンテを欠くフランスがベラルーシに苦戦しながらもなんとか2-1で勝利し、自力でのワールドカップ出場を決めた。

世界でも最高クラスのタレントを揃え、準優勝だったEURO2016の雪辱を本大会で晴らしたいフランス。ロシア行きを決めた直後、選手とファンはあのセレブレーションで喜びの感情を共有した。

アイスランド代表がEUROで披露し、大きな注目を集めたヴァイキング・クラッピング!

選手たちはスタッド・ドゥ・フランスのゴール裏に出き、チームキャプテンであるウーゴ・ロリスの音頭によってファンと息の合った手拍子を見せた。

遠くから見てもこの迫力!

実はフランスは昨年行われたEURO2016でアイスランドを倒した後にもこのセレブレーションを行っており、どうやら大一番でも勝利後にはこのクラッピングをやっているよう。

今や世界中のクラブに波及したこのセレブレーションだが、著作権などはないはず。いろんなチームがやって盛り上げてほしいものだ。